コスタリカとグアテマラの南米豆を中煎りにシバく!焙煎メモ(2020/3/26)

自分用メモ(3/26)

  • コスタリカ 100g
  • グアテマラ 100g

今回は、コスタリカと、グアテマラの南米兄弟で焙煎。イメージとしては、ドリップに合う中煎りの焙煎を目指したい。

焙煎

  • 投入
    120度で投入
  • 1ハゼ
    12:30
  • 2ハゼ
    14:06
  • 煎り止め
    14:12

1ハゼが来るのが少し遅かった。。。

焦って少し温度を上げにいき14分すぎで、2ハゼ

煎り止めに関しては結構イメージ通りの感じ。

コーヒーの味

できたコーヒーはイメージ通りの中煎りといった感じ。

自宅勤務中にパッと入れて飲んだコーヒーがめちゃめちゃうまい!これは今までの中で一番満足度が高い。香りも焦げ臭くない。

ドリップだとほんのり甘いナッツのような味。甘さがしっかりしている。バランスが良い仕上がりに。

エスプレッソ

エスプレッソだと甘さがしっかりでている。砂糖を入れていないのにしっかりと甘みが出ている。

もし言うのであればエスプレッソなら少しウガンダロブを入れるとさらに味がキリッとして美味しそう!

韓国人嫁の一言は

嫁さん

アロマがすごい!

とのこと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です