エチオピア、グアテマラ、ウガンダロブを深煎りに!焙煎メモ(2020/4/12)

自分用メモ(4/12)

  • エチオピア イルガチェフ ナチュラル 90g
  • グアテマラ 125g
  • ウガンダロブ 30g

以前かなり美味しくできたコーヒー、深煎りでもベリー系の味がしたエチオピア イルガチェフ ナチュラルが、90g残っていた。以前の記事はこちら

エチオピアを深煎りにしてみたい!焙煎メモ(2020/3/28)

その味を邪魔しないけど少しだけすっきり終わって欲しいと思った。

邪魔しない味 → グアテマラ
すっきり味  → ウガンダロブ

と考えた。

焙煎

  • 投入
    80度で投入
  • 1ハゼ
    15:10
  • 2ハゼ
    18:30
  • 煎り止め
    19:30

80度で投入したという点、そして投入量が250グラムだった点もあり、1ハゼが結構遅く来た。

最終的に仕上げた時には結構悪くない仕上がり!

コーヒーの味(4/22追記)

写真撮るのが本当に下手くそなので写真はなし。

今回の焙煎はかなりうまくいった。味としては毎日飽きずに飲める味。しっかりと焙煎したけど苦味は弱め。少し甘い感じ。

悪く言ってしまうとすごい特徴があるということではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です